スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
手付きカップ
2017/07/02(Sun)


新作の手付きカップです。やや細身。

IMG_1656_convert_20170619140245.jpg













月十窯の主の趣味はこれ、日本名ギボウシ。最近はホスタの名のほうが有名かもしれません。
ほとんど葉っぱですが、初夏から初秋にかけて主にうす紫、または白の花が咲きます。

IMG_1665_convert_20170619141001.jpg

まあ、どう見ても葉っぱですが(笑)、葉っぱの色や柄によって種類が異なり、
月十窯の主は青緑系が好きで、それを中心に集めています。
ここに見えるのはごく一部で、庭全体では約100種類あるそうです。





ただ、その微妙かつ繊細な色柄の違いに対する反応の薄い私には
そんなに種類があるようには見えず、
生徒さんにもよく「さといも・・・」と言われてます。

スポンサーサイト
この記事のURL | 作品の紹介 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小花入れと庭の花
2017/06/19(Mon)

新しい小花入れです。白、青、グレーを基調にしていますが、
釉薬のかけ方を変えたり、色を混ぜたりしているので、1つずつニュアンスが違います。

IMG_1658_convert_20170619140548.jpg

花は、ようやく咲き始めたヤマアジサイの九重です。

青瓷の小花入れもあります。落ち着いた色調ですが、たまに色変わりがあり、それも面白いです。




庭は、ポールズヒマラヤンムスクが盛りです。
植えてから5年以上たちますが、今年ようやくたくさん花がつきました。

IMG_1660_convert_20170619141218.jpg

春先に雨が多かったせいかもしれません。
天気は毎年違います。
植物の状態も毎年違います。







この記事のURL | 作品の紹介 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
水仙盆を使って― ハワイアンズの石菖蒸し風呂
2017/05/19(Fri)


古来、用途がはっきりせず、謎を秘めたまま、水仙盆と呼ばれるうつわがあります。
月十窯ではこの水仙盆をつくっています。


今回、友人の香りのデザイナー、吉武利文さんが、このうつわに石菖(せきしょう)を飾り、
石菖盆として用いています。

セキショウすいせんぼん 


石菖はショウブの仲間で香りがよく、空気をきれいにする作用もあります。
スパリゾートハワイアンズの「与一の風呂」には薬草蒸し風呂があり、
この5月後半は石菖の蒸し風呂を楽しむことができます。




石菖
 セキショウむしぶろ 


説明書き
image4.jpeg 


展示コーナー
セキショウ展示






<水仙盆について>
昨年、大阪市立東洋陶磁美術館で水仙盆を集めた展覧会が開かれました。

特別展「台北 國立故宮博物院―北宋汝窯青磁水仙盆」

<石蕉について>
吉武利文さんのHPをご覧ください。
香りのデザイン研究所


この記事のURL | 作品の紹介 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。